逃げてきた雉を見たよという男

上田信治さんに、

  セーターが緑の男立つてゐる  上田信治(『リボン』)

という句があって、よく思い出している。ふつうのことをいっているのに、なんでこんなに存在感があるんだろう。昔男ありけり、の〈男〉っていうような存在感があるかんじだからか。わたしにとっては、つよくて・こわい俳句だ。ひとは生きている。

この記事を書いた人
yagimotoyasufuku
柳本々々(やぎもと・もともと)1982年、新潟県生まれ 川柳作家
安福 望(やすふく・のぞみ)1981年、兵庫県生まれ イラストレーター