桜桃忌おんなじ服のひとと会う

わたしは卒論が太宰治だったのだが、よく太宰のことばを見ては勇気をもらっていた。

 生活。

 よい仕事をしたあとで
 一杯のお茶をすする
 お茶のあぶくに
 きれいな私の顔が
 いくつもいくつも
 うつっているのさ

 どうにか、なる。

    太宰治『晩年』

なんで、「どうにか、なる。」って読点を入れたんだろう、と思う。なる、の前にいったん踏みとどまる。どうにかならないかもしれないといっしゅん思う。でも、そこをあえてゆく。読点をこえて、「なる」のほうに飛び込んでゆく。よい仕事も、一杯のお茶も、あぶくも、きれいな私の顔も、ぜんぶこえて、「なる」に向かう。ならないは、ない。


『バームクーヘンでわたしは眠った もともとの川柳日記』(春陽堂書店)柳本々々(句と文)・安福 望(イラスト)
2018年5月から1年間、毎日更新した連載『今日のもともと予報 ことばの風吹く』の中から、104句を厳選。
ソフトカバーつきのコデックス装で、本が開きやすく見開きのイラストページも堪能できます!
この記事を書いた人
yagimotoyasufuku
柳本々々(やぎもと・もともと)
 1982年、新潟県生まれ 川柳作家 第57回現代詩手帖賞受賞
安福 望(やすふく・のぞみ)
 1981年、兵庫県生まれ イラストレーター