こんなひのかなしい自由なおにぎり

「おにぎりが勝手に散歩する世界/小池正博」。自分にとって現代川柳ってこういうことなんじゃないかなと思う。それはにんげんではなく四音を媒介にやってきたおにぎりで、でもおにぎりは自由意志をもってにんげんのように散歩する。そうした主体交換のオープンワールドが現代川柳なんじゃないか。

わたしたちがそうでなかったかもしれない可能性、かなしい自由なおにぎりだったかもしれない可能性、あなただったかもしれない可能性、きょうたまたま生きている可能性、そういう可能性としての世界や私をかんがえつづける世界。それはほんとうに少しだけ、すぐに役にはたたないことがわかるくらいに、ほんとうに少しだけ、世界。


『バームクーヘンでわたしは眠った もともとの川柳日記』(春陽堂書店)柳本々々(句と文)・安福 望(イラスト)
2018年5月から1年間、毎日更新した連載『今日のもともと予報 ことばの風吹く』の中から、104句を厳選。
ソフトカバーつきのコデックス装で、本が開きやすく見開きのイラストページも堪能できます!
この記事を書いた人
yagimotoyasufuku
柳本々々(やぎもと・もともと)
 1982年、新潟県生まれ 川柳作家 第57回現代詩手帖賞受賞
安福 望(やすふく・のぞみ)
 1981年、兵庫県生まれ イラストレーター