『Web新小説』2021年3月号(創刊14号)のご案内

『Web新小説』では初めての特集となる「いま、ここに、詩の言葉を――東日本大震災から10年」を展開します。
この10年、震災を、東北を、それぞれの場所から問い続けてきた暁方ミセイさん、新井高子さん、カニエ・ナハさん、白井明大さん、管啓次郎さん、TOLTAのみなさん、宮尾節子さん、四元康祐さん、和合亮一さん、渡辺玄英さん、9人と1ユニットの、詩の競演です。自作の朗読動画とともにお届けします。
このコンテンツは3月15日(月)までの期間限定で無料配信いたします。

★「楸邨山脈の巨人たち」は昭和を代表する俳人・加藤楸邨の系譜を辿る俳句鑑賞企画。孫弟子にあたる、俳人・北大路翼さんが手掛けます。主宰した『寒雷』では伝統派から前衛派まで多様な俳人を育てたという楸邨の、偉大なる足跡を丹念に辿っていく注目の新連載。わかりやすい語り口は俳句鑑賞入門としてもおすすめです。

★毎回、ユニークなテーマで文芸とスポーツの蜜月について語ってくれた玉木正之さんの「スポーツは文芸をどのように彩ってきたか」は今号で最終回。最後はやはり野球で締める! 独特の切り口が冴えるスポーツ随想録にどうぞ、ご注目ください。

~『Web新小説』3月号ラインナップ~


【書籍出版情報】
2021年1月号で最終回を迎えた岡本行夫さんの「スーパーフィッシュと老ダイバー」が、フォト小説『ハンスとジョージ 永遠とわの海へ Hans and George-Journey to the Timeless Sea』として、この2月に春陽堂書店から出版されました。岡本さん撮影による『Web新小説』未掲載の海中写真を新たに加え、A5判オールカラー120ページの美しい書籍にしてお届けします。『Web新小説』と併せてご覧ください。

『Web新小説』新サービス「会員限定閲覧ルーム」のご案内

『Web新小説』では2020年9月号(創刊8号)より、新サービス「会員限定閲覧ルーム」を開始しました。
これは春陽堂書店が出版してきた多くの近現代文学の中から選りすぐりの書籍を、電子書籍のスタイルでお読みいただける会員限定サービスです。
会員に登録すると、特別なソフトやアプリをダウンロードすることなく、ウェブブラウザ上で動作する専用ビューアにて閲覧可能です。
第1弾は、なんといきなり「江戸川乱歩文庫」全30巻「坂口安吾歴史小説・エンタメコレクション」全6巻を一挙公開。
第2弾では「太宰治・織田作之助女性小説セレクション」「名作童話」全3巻を公開しました。
どうぞ、毎月更新の通常コンテントと併せて、新しい読書体験を存分にお楽しみください。


『Web新小説』会員優待イベント開催

◇2020年4月11日(土):岡崎武志さんと行く早稲田界隈 漱石&春樹散歩
※新型コロナウイルス感染拡大の影響から、開催を延期しておりましたが、感染拡大に収束が見られない昨今の状況に鑑み、やむなく中止とさせていただきました。チケットをご購入いただきましたお客様、開催を楽しみにお待ちくださいましたお客様には深くお詫び申し上げます。
詳細につきましてはこちら をご覧ください。

◇2020年5月21日(木):岡本行夫 × 中村征夫 写真が語る海の真実
※創刊号(2020年2月号)よりフォト小説「スーパーフィッシュと老ダイバー」連載中の岡本行夫さんが2020年4月24日、お亡くなりになりました。
5月21日開催予定でしたイベントは、中止とさせていただきます。
詳細につきましてはこちら をご覧ください。
岡本さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


以降、続々企画中!


新しい文芸体験を提案する『Web新小説』

たくさんの情報が速いスピードで押し寄せる現代。『Web新小説』は、読者が流されない自己を発見する手立てとなるような文学作品の確立を目指して、さまざまなカルチャーコンテンツを配信していきます。月額1,000円(税別)で会員登録をすると、毎月更新される最新号のコンテンツやバックナンバーが読み放題。また、作家と交流できる会員優待のイベントに参加できます。さらに、タテ書きで読める、操作性よく、読みやすいデザインを追求。読者に新しい読書体験を提供していきます。

『Web新小説』概要


◇URL:https://shinshosetsu.com/
◇媒体名:会員制マンスリー文芸マガジン『Web新小説』
◇特 徴:会員制有料ウェブマガジン
    ・会員登録すると、毎月配信の最新コンテンツとバックナンバーが読み放題
    ・作家と交流でき新しいカルチャーに触れる会員優待イベントに参加できる
    ・タテ書き表現を一部採用した操作性のよいデザイン
     パソコンでも、スマートフォン・タブレットでも楽々読める
◇購読料:毎月1,000円(税別)※クレジットカード自動引き落とし
◇配信日:毎月1日にコンテンツ配信