《NEW》電子書籍版『Web新小説』

『Web新小説』では、従来のウェブマガジンスタイルに加え、会員登録がなくても気軽に親しんでいただけるよう、2022年4月22日(金)から、電子書籍版『Web新小説』の配信を開始いたしました。
まずは1号、その世界をご堪能いただきましたら、バックナンバーはウェブマガジン『Web新小説』会員登録ですべてご覧いただくことができます。
この機に一度、ご覧になってみませんか。

■電子書籍版『Web新小説』概要
・毎月1号販売
・Amazon、楽天ブックス、紀伊國屋書店ウェブストアなどの各電子書籍ストアにて配信
※ウェブマガジン『Web新小説』との違い※
・1号分のみの単独販売になり、バックナンバーはご覧になれません
・ウェブマガジンで掲載しています動画コンテンツは電子書籍版の内容に含まれません

<電子書籍版『Web新小説』2022年4月22日号(通巻1号)>
発売日:2022年4月22日
販売価格:455円(税別)
内容:
特集「新・日常考 ―きのうまでと違うこと」
特集執筆者:堀江敏幸、小池光、酒井順子 
連載執筆者:三角みづ紀、藤沢周、井上荒野、町田康、岡もみじ、神野紗希、三遊亭兼好、大高郁子、北大路翼、米山公啓、宮川匡司(順不同、敬称略)
Amazon楽天ブックス紀伊國屋書店ウェブストアなど各電子書籍ストアにて配信中!



《NEW》『Web新小説』2022年5月1日号(創刊28号)のご案内

★5月1日号の特集は「見送りの時 ─介護の日々から」。
深刻な高齢社会である日本。しかし、高齢者の多さのデータを見せられても、身近に介護する側、される側がいなければ、伝わりにくいことがあるように思います。文芸でなければ伝わらないその実相をお伝えしたく、玉岡かおるさん、永井みみさん、酒井順子さんにご参加いただきました。

町田康さんが独自のアプローチで山頭火の句を解説してくれる「町田康の読み解き山頭火」は9回目。行乞の日々から逃れるように毎日酒におぼれる山頭火。そんな山頭火が頼りにしたのは句友や俳友だったが……。泥酔と、羞恥と憂鬱を繰り返す山頭火の人生はいかに! いよいよ物語はクライマックスを迎えます。

★毎回ほっこりと温かい気持ちにしてくれた岡もみじさんのショートショート漫画「しおり物語」は今号が最終回。会員登録をすれば、過去6回のバックナンバーはもちろん、読み放題。いつでも物語の世界に戻ってくることができます。この機会にぜひご登録ください。

~『Web新小説』5月1日号ラインナップ~




☆現在、『Web新小説』では「猫の俳句のコンテスト――大丈夫、猫がいる」を開催中!
選考委員に、『Web新小説』でも好評連載中の俳人・神野紗希さんをお迎えして、「猫」をテーマにした俳句を大募集。可愛い、癒される、不思議……。あなたが感じる猫の魅力を自由に表現してください。神野さんは今号からエッセイの連載もスタートするので見逃せません。特集やエッセイをお読みいただき、気持ちが高まったところでぜひ!ご応募を。お待ちしております。
猫の俳句のコンテスト――大丈夫、猫がいる」の詳細はこちらから。

『Web新小説』月額会費値下げのお知らせ

『Web新小説』は、2022年2月1日号より、月額会費を税込み300円に値下げいたしました。
・料金改定前価格:1100円(税込)
・料金改定後新価格:300円(税込)
 ※登録初月は購読無料(クレジットカードでの登録をしていただいた方のみ適用)
・料金改定実施日:2022年2月1日号の引き落とし分より

『Web新小説』は、
①新規会員登録した方は登録初月の購読無料
②会員登録後はバックナンバー読み放題となっております。
※初月無料はクレジットカード登録のみ可能です。


『Web新小説』「会員限定閲覧ルーム」のご案内

☆美術雑誌『美術世界』が登場!
『美術世界』は明治時代から大正時代にかけての日本画家・渡辺省亭が編集主任をつとめた美術雑誌です。月岡芳年、竹内栖鳳、河鍋暁斎、葛飾北斎、菱川師宣、歌川豊国、喜多川歌麿、歌川広重ほか、現存する有名画家に絵を描いてもらい、それらを掲載することで、後進たちの意匠修練の模範となるようにと企画され、弊社春陽堂書店から出版されました。流派を問わずさまざまな画家が描いていることが特徴で、古画の縮模や翻刻も行われました。「木版彩色奉書摺」という当時一流の彫師と摺師と協力した美しい多色摺木版で印刷され、明治の美術雑誌の中でも格調高いものとして知られています。
『Web新小説』では、この『美術世界』全25巻を電子書籍化したものを「会員限定閲覧ルーム」にアップしました。
その美しい世界をごゆるりとご堪能いただけます。
        ◇   ◇
会員限定閲覧ルーム」とは、春陽堂書店が出版してきた多くの近現代文学の中から選りすぐりの書籍を、電子書籍のスタイルでお読みいただける会員限定サービスです。
会員に登録すると、特別なソフトやアプリをダウンロードすることなく、ウェブブラウザ上で動作する専用ビューアにて閲覧可能です。
「美術世界」全25巻、その美しい装幀・挿画が特徴的な『人魚の嘆き・魔術師』「江戸川乱歩文庫」全30巻「坂口安吾歴史小説・エンタメコレクション」全6巻「太宰治・織田作之助女性小説セレクション」「名作童話」全3巻を公開中。

『Web新小説』関連書籍


《PICK UP》

『暮らしの中の二十四節気 丁寧に生きてみる』
 黛 まどか・著

「世界オンライン句会」を主宰する人気俳人であり、テレビ朝日「あなたの駅前物語」でナレータ-をつとめる黛まどかさんの最新刊。
節気や節句を詠んだ俳句を鑑賞しながら、先人への思いを綴る著者渾身のエッセイです。




新しい文芸体験を提案する『Web新小説』


たくさんの情報が速いスピードで押し寄せる現代。『Web新小説』は、読者が流されない自己を発見する手立てとなるような文学作品の確立を目指して、さまざまなカルチャーコンテンツを配信していきます。月額300円(税込み)で会員登録をすると、毎月更新される最新号のコンテンツやバックナンバーが読み放題。また、作家と交流できる会員優待のイベントに参加できます。さらに、タテ書きで読める、操作性よく、読みやすいデザインを追求。読者に新しい読書体験を提供していきます。
2022年4月22日から、電子書籍版の配信も始まりました。

『Web新小説』概要


◇媒体名:会員制マンスリー文芸マガジン『Web新小説』
◇特 徴:会員制有料ウェブマガジン
    ・会員登録すると、毎月配信の最新コンテンツとバックナンバーが読み放題
    ・作家と交流でき新しいカルチャーに触れる会員優待イベントに参加できる
    ・タテ書き表現を一部採用した操作性のよいデザイン
     パソコンでも、スマートフォン・タブレットでも楽々読める
◇購読料:毎月300円(税込み)※クレジットカード自動引き落とし
◇配信日:毎月1日にコンテンツ配信
◆媒体名:電子書籍版『Web新小説』
◆特 徴:毎月1号ずつの単独販売
    ・Amazon、楽天ブックス、紀伊國屋書店ウェブストアなどの各電子書籍ストアにて配信