『ALIVE』は、ケニアのサバンナで暮らす“動物たちの日常”を捉えた井村淳さんの写真展シリーズで、毎回テーマを変えています。今回のテーマは、太陽・満月・虹などの天体のドラマと、動物・木などの地上のシルエットが重なり合う美しい瞬間を狙い、雄大なサバンナの“空と大地の境界”を意味する、地平線上の物語「GREAT HORIZON」です。また、もうひとつの境界である“生と死の境界”、弱肉強食の決定的瞬間も展示いたします。
サバンナの大きさを感じさせる、大サイズのプリントをお楽しみください。

≪≪著書紹介≫≫
『ALIVE Great Horizon 』 (春陽堂書店)井村 淳(著)
アフリカ、ケニアの動物たちを撮り続ける、カメラマン・井村淳の集大成!厳しい自然の中で生きる動物たちの日常を切り取った写真は、まるで人間の家族の姿を映し出しているかのよう。
ライオン・チーター・ゾウ・シマウマ…動物たちの温かいまなざしが感じられる写真集。

丸い太陽の中にゾウを入れたいと思っているが、そのためにはいくつかの条件が揃わなければならない。少しゾウとの距離が近かったのでゾウの体の陰に太陽をすっぽり隠して狙った。~『ALIVE Great Hrizon』(春陽堂書店)より


井村 淳 写真展『ALIVE ~GREAT HRIZON ~ 』
〈東京〉
◇会場 : 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1
◇期間 : 2020年1月17日(金)~23日(木)
◇時間 : 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
◇入場 : 無料
〈大阪〉
◇会場 : 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1
◇期間 : 2020年2月7日(金)~13日(木)
◇時間 : 10:00~19:00 (最終日は14:00まで/入館は終了10分前まで)
◇入場 : 無料
【関連イベント】
~井村淳さんによるギャラリートーク
※申し込み不要・入場無料
※座席はございませんので、予めご了承ください。
〈東京〉
◇会場:富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1 写真展示会場内
◇日時:2020年1月17日(金)、18日(土)、19日(日) 各13:00~(約30分)
〈大阪〉
◇会場:富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1 写真展示会場内
◇日時:2020年2月7日(金)、8日(土) 各13:00~(約30分)
【お問い合わせ先】
富士フイルムフォトサロン 東京 
◆住 所:東京都港区赤坂9-7-3
フジフイルムスクエア内
 都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結
 東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路より徒歩約4分
 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約5分
◆電話番号: 03 – 6271- 3351
◆電話受付: 10 : 00~18: 00
富士フイルムフォトサロン 大阪 
◆住 所:大阪市中央区本町2-5-7
メットライフ本町スクエア(旧 大阪丸紅ビル)1F
 地下鉄御堂筋線「本町駅」3番出口より徒歩約5分
 地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」17番出口より徒歩約3分
◆電話番号: 06 – 6205- 8000
◆電話受付: 平日 10 : 00~18: 00


生後1ヵ月ちょっとくらいの子ライオンがお母さんライオンに甘える。歩くお母さんの前に立ち上がり強引にチュウ。まだ長い距離は歩けないのでトイレをしてすぐにブッシュへ戻った。~『ALIVE Great Hrizon』(春陽堂書店)より

プロフィール
井村 淳(いむら・じゅん)
1971年、神奈川県生まれ。日本写真芸術専門学校卒業。風景写真家、竹内敏信氏の助手を経てフリーになる。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。チーター保護基金ジャパン(CCFJ)名誉会員。主な著書に『流氷の天使』(春陽堂書店)、『大地の鼓動 HEARTBEAT OF SVANNA——井村淳動物写真集』(出版芸術社)など。
井村 淳HP『J’s WORD』http://www.jun-imura.com/

動物写真家 井村淳の世界紀行シリーズ

世界中の野生動物や自然の風景を追い求めてきた動物写真家・井村淳さんがとらえたライブ感あふれる作品を、旅のエピソードとともにおくります。