2021年10月、春陽堂書店が刊行した俳人・黛まどかさんのエッセイ『暮らしの中の二十四節気 丁寧に生きてみる』が話題になっています。「二十四節気」、「五節句」、日本オリジナルの「雑節」に、「重要な伝統行事」を加えた43章で構成。日本人が古来季節の節目に大切に行ってきた風習や行事の由来、それらに因んだ俳句を、解説を添えて紹介をしています。

『暮らしの中の二十四節気 丁寧に生きてみる』(春陽堂書店)黛まどか・著
本のサイズ:四六判
発行日:2021/10/21
ISBN:978-4-394-55001-3
価格:1,540円(税込)


黛まどかさん出演オンラインイベント開催のおしらせ


黛まどかオンライントークat KYOTO「丁寧に生きる~京都の暮らしと二十四節気」
~第1回 春爛漫 京の色、日本の色 染司そめのつかさよしおか 吉岡更紗さんをお迎えして~
『暮らしの中の二十四節気 丁寧に生きてみる』著者の黛まどかさんがワコールスタディホール京都の全面協力を得て、オンライントークを配信します。
イベントに参加されるみなさんが、節気や節句、伝統行事などの成り立ちや意味をより深く理解し、日常がより彩り豊かになることを願い、イベントは継続して開催していく予定です。
第1回は、染織家の吉岡更紗さんを迎えての春爛漫のスペシャルトーク。自宅に居ながらにして、彩り豊かに過ごす京都の暮らしの秘訣を学びませんか?
※第1回は大好評のうちに終了いたしました。第2回をお楽しみにお待ちください。
◇形式:
Zoomウェビナーによるライブ配信
(ワコールスタディホール京都からのライブ配信)
◇日時:
2022年3月24日(木)
配信開始18:30/配信終了19:45 ※予定
※3月25日(金)10:00から4月3日(日)23:59まで、Peatixにてアーカイブ配信あり
◇出演:
黛まどかさん(俳人)
ゲスト:吉岡更紗さん(「染司よしおか」六代目/染織家)
◇内容:
対談形式の75分程度のトークライブ
15分程度のチャットでの質疑応答も予定
◇参加費:
1100円(税込)

◇主催・問い合わせ:
春陽堂書店イベント事務局
TEL:03-6264-0855
◇協力:
ワコールスタディホール京都
京都×俳句プロジェクト

【ゲストプロフィール】
吉岡更紗(よしおか・さらさ)さん
「染司よしおか」六代目/染織家。アパレルデザイン会社勤務を経て、愛媛県西予市野村町シルク博物館にて染織にまつわる技術を学ぶ。2008年より生家である「染司よしおか」にて制作を行う。奈良東大寺二月堂修二会、薬師寺花会式、石清水八幡宮石清水祭など、古社寺の行事に関わり、国宝の復元なども手掛けるほか、薬師寺で行われる伎楽装束の制作にも携わる。羽田空港国際線ターミナル、ホテル青龍京都清水などに作品を納める。

著者紹介

撮影:©狩野吉和

黛 まどか(まゆずみ・まどか)
俳人。神奈川県生まれ。2002年、句集『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞受賞。2010年4月より一年間文化庁「文化交流使」として欧州で活動。スペインサンティアゴ巡礼道、韓国プサン-ソウル、四国遍路など踏破。「歩いて詠む・歩いて書く」ことをライフワークとしている。オペラの台本執筆、校歌の作詞など多方面で活躍。2021年より「世界オンライン句会」を主宰。現在、北里大学・京都橘大学・昭和女子大学客員教授。著書に、句集『てっぺんの星』、紀行集『奇跡の四国遍路』、随筆『引き算の美学』など多数。