音楽。テレビ。映画。本。美術館。さんぽ。
日々感じた事柄を自身で撮った写真と描いたイラストを添えて綴ります。

プロフィール
岡崎 武志(おかざき・たけし)
1957年、大阪生まれ。書評家・古本ライター。立命館大学卒業後、高校の国語講師を経て上京。出版社勤務の後、フリーライターとなる。書評を中心に各紙誌に執筆。「文庫王」「均一小僧」「神保町系ライター」などの異名でも知られ著書多数。

2019年2月13日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔20〕
・「赤旗」には書けなかったこと
・「酉の市」の熱狂
・70の峠を越えられない
・武満徹「ファミリートゥリー 系図」
 
 
2020年1月30日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔19〕
・吉祥寺寄席
・『荒野の決闘』ドク・ホリディが暗誦するハムレット
・司馬遼太郎「スクリーン」
・冬の東京を歩く
・「グールド」で「ゴールド」な一日

2019年1月16日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔18〕
・「小僧の神様」を歩く
・20年後の磯野家は?
・文学こぼれ話
 
 
 
2020年1月2日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔17〕
・2020年が始まった
・秋晴れの日曜日は銭湯へ
・中野重治が抱いた赤ん坊
・スーベニールの書道セット
・早変わり11人
・柳沢慎吾のテレビ芸 

2019年12月19日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔16〕
・俵万智さんと大阪弁で
・「何となく男と話したかった」
・ひと晩で3つの書評依頼あり
・晩秋のトワ・エ・モア 
2019年12月5日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔15〕
・カモメに追いかけられながらフェリーで島原へ
・高井有一『時のながめ』を読む
 
 

2019年11月21日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔14〕
・『上京する文學』がちくま文庫入り
・浅草待乳山から六区、翁そばでカレー南蛮、
 長谷川きよし
・柳のように疲れて……
 
2019年11月7日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔13〕
・人前で喋るのは楽じゃない
・結婚式のスピーチ
・根府川の海へ、そして二宮
・じゅん散歩名言集
・『乱れる』のタマゴ 

2019年10月24日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔12〕
・岡谷、そして信濃境駅へ
・花を追いかけて親子の蜂客が移動する
・切手長者
・宇野千代が岩波文庫入り
2019年10月10日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔11〕
・インタビューという仕事
・靴を履いている大人を見た
・銀座は一種の外国だった
・男はつらいよ 寅次郎の青春 

<岡崎武志さんの著書>