音楽。テレビ。映画。本。美術館。さんぽ。
日々感じた事柄を自身で撮った写真と描いたイラストを添えて綴ります。

プロフィール
岡崎 武志(おかざき・たけし)
1957年、大阪生まれ。書評家・古本ライター。立命館大学卒業後、高校の国語講師を経て上京。出版社勤務の後、フリーライターとなる。書評を中心に各紙誌に執筆。「文庫王」「均一小僧」「神保町系ライター」などの異名でも知られ著書多数。

2022年6月2日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔80〕
・木山捷平が落語家に
・海岸で石を拾う
・繁栄のつけが貧困を呼ぶ

2021年5月19日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔79〕
・記憶の不思議
・喫煙可の喫茶店「リオ」
 


2022年5月5日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔78〕
・65歳になったら
・ミツバチは完璧な市民
 
 

2021年4月21日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔77〕
・私は深夜の電車で寝過ごして終点まで行ったことがない
・ヴェラの愛車はランドローバー・ディフェンダー
・高円寺、喫茶「ポピンズ」


2022年4月7日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔76〕
・月を待つ
・「はけ」のスタート地点に立つ
・島村利正「焦土」に見る熱き師弟関係

2021年3月24日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔75〕
・野方へ
・たばこの煙が眼に沁みる映画『スモーク』
・紙巻きたばこが席で吸える喫茶店


2022年3月10日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔74〕
・最初の詩人
・富田木歩のこと

2021年2月24日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔73〕
・年末になると見たくなる
・「青春18」で冬の塩山へ


2022年2月10日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔72〕
・コロッケそば克服の
・小手指でトトロの神社

2021年1月27日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔71〕
・年末になると見たくなる
・「青春18」で冬の塩山へ



<岡崎武志さんの著書>