音楽。テレビ。映画。本。美術館。さんぽ。
日々感じた事柄を自身で撮った写真と描いたイラストを添えて綴ります。

プロフィール
岡崎 武志(おかざき・たけし)
1957年、大阪生まれ。書評家・古本ライター。立命館大学卒業後、高校の国語講師を経て上京。出版社勤務の後、フリーライターとなる。書評を中心に各紙誌に執筆。「文庫王」「均一小僧」「神保町系ライター」などの異名でも知られ著書多数。

2020年10月22日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔38〕
・未知の雲との遭遇
・46分の傑作
・「吉そば」がまずいなら、食べる立ち食いそばはないよ
2020年10月8日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔37〕
・涼を求めて銚子へ
・島木譲二のこと
・チャーハン万歳
 

2020年9月24日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔36〕
・夢は「飯田線」完全乗車
・大泉学園に大泉学園なし
・常磐線・南柏駅「大江戸そば」
 
2020年9月10日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔35〕
・本を読むのは吉田健一だけ
・1冊50円の古本世界
 
 

2020年8月27日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔34〕
・立ち食いそば歩き1 飯田橋「豊しま」
・日曜劇場「女房の眼鏡」は古書店が舞台
 
 
2020年8月13日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔33〕
・コロナ禍の幽閉状態から脱出
・初の沈下橋
・昭和レトロを装った温泉施設でくつろぐ
・松本清張「典雅な姉弟」

2020年7月30日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔32〕
・まだ「ゆる旅」だった頃の「バス旅」
・セルジュ・レジアニの肖像
・ハエや蚊もまた生き物
・初のリモート対談
2020年7月16日
岡崎武志的LIFE オカタケな日々〔31〕
・梅雨入りした時読んだ歌
・小津安二郎のガスタンク
・帰り道の愉悦


<岡崎武志さんの著書>