ログアウト
 
 
お知らせ
2023/10/27【予約開始】『笑顔と、生きることと、明日を 大林宣彦との六十年』

内容紹介

忘れえぬ人、大林宣彦の思い出。
妻が語る映画人生、そして別れ。

「今こそ、いろんな、
いろんな話がもっとしたかった」——山田洋次


映画を心から愛し、作り続けた大林宣彦監督が2020年に世を去って3年半。
監督の最愛の理解者で、プロデューサーとして62年ともに歩んだ妻が、その映画人生、多くの人に愛された素顔を語る。
監督との成城大学での出会い、恋、自主映画作りの日々、CMディレクターから映画へ。「転校生」「時をかける少女」などの尾道三部作を始め、3・11以降、作風が変わった戦争三部作「この空の花―長岡花火物語」「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」や、遺作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」に込めた戦争反対への強い思い——。

盟友・山田洋次監督、大林映画最多出演の女優・入江若葉と大林恭子の対談2本収録。
小津安二郎、黒澤明、角川春樹、大森一樹監督らの映画好き必見の逸話も満載。

「笑顔と、生きることと、明日を」は、亡くなる一ヶ月前、入院中の監督に何か持ってきて欲しいもの、あるかしらと聞いた時の監督の言葉です。その夜、私はひと晩中涙とまりませんでした。
(あとがきより)


▶詳細を見る

アクセス : 124

【販売開始】春陽文庫『矢柄頓兵衛戦場噺 <横溝正史時代小説コレクション3>』

お知らせ一覧