ログアウト
 
 

トップ > 江戸川乱歩文庫リニューアル 第2弾 > D坂の殺人事件 【リニューアル版 】

D坂の殺人事件 【リニューアル版 】

D坂の殺人事件 【リニューアル版 】

著者:江戸川乱歩

でぃーざかのさつじんじけん
えどがわらんぽ

本のサイズ:文庫

発行日:2015/9/19

ISBNコード:978-4-394-30154-7

価格:864 円(税込)

  • 会員登録ですぐに5%OFF!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

書籍について

内容紹介:「私」はD坂の大通りにある喫茶店「白梅軒」で、明智小五郎と知り合いとなった。 ある9月の蒸し暑い晩、私と明智は「白梅軒」の向かいの古本屋で、店の女房の絞殺死体を発見する。犯行時に古本屋から逃亡した者はなく、犯人を目撃した学生の証言は曖昧で、警察の捜査は難航する。危うく犯人にされそうになった明智小五郎が解き明かした驚くべき真相とは? 初期の名作として評判高い表題作のほかに 「何者」「一人二役」「算盤が恋を語る話」「恐ろし き錯誤」「赤い部屋」「黒手組」中・短編 6編を収録。

旧江戸川乱歩文庫をリニューアルしました。「春陽堂書店版江戸川乱歩全集」を底本にテキストに全面校訂を加え、文字を大きく。巻末に監修者による解説と各種資料を収録。印象的な銅版画による装丁はそのままです。

目次 本文より

収録作品:D坂の殺人事件・何者・一人二役・算盤が恋を語る話・恐ろし き錯誤・赤い部屋・黒手組

著者紹介

江戸川乱歩
1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去。

落合教幸【監修】
1973年神奈川県生まれ。専門は日本の探偵小説。立教大学大学院在学中の2003年より江戸川乱歩旧蔵資料の整理、研究に携わり、2017年3月まで立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センターの学術調査員を務める。『江戸川乱歩文庫』全13巻(春陽堂書店)監修。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません