ログアウト
 
 

トップ > 江戸川乱歩文庫リニューアル 第2弾 > 月と手袋 【リニューアル版】

月と手袋 【リニューアル版】

月と手袋 【リニューアル版】

著者:江戸川乱歩

つきとてぶくろ
えどがわらんぽ

本のサイズ:文庫

発行日:2015/11/20

ISBNコード:978-4-394-30156-1

価格:972 円(税込)

カートに入れるかごに入れる
お問い合わせお気に入りリスト

書籍について

内容紹介:シナリオライター北村克彦は高利貸し 股野重郎の妻あけみと不倫を重ねていた。あけみとの関係を断つと同時に多額の慰謝料を要求され、股野を絞殺する。克彦とあけみは巧みなトリックでのがれようと図り、すべてが順調にいったかと思われたが、その奸計のまえに立ちはだかったのは警視庁捜査一課の花田警部であった…ほかに「ぺてん師と空気男」「堀越捜査一課長殿」「防空壕」3点収録。

旧江戸川乱歩文庫をリニューアルしました。「春陽堂書店版江戸川乱歩全集」を底本にテキストに全面校訂を加え、文字を大きく。巻末に監修者による解説と各種資料を収録。印象的な銅版画による装丁はそのままです。

目次 本文より

収録作品:月と手袋・ぺてん師と空気男・堀越捜査一課長殿・防空壕

著者紹介

江戸川乱歩
1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去。

落合教幸【監修】
1973年神奈川県生まれ。専門は日本の探偵小説。立教大学大学院在学中の2003年より江戸川乱歩旧蔵資料の整理、研究に携わり、2017年3月まで立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センターの学術調査員を務める。『江戸川乱歩文庫』全13巻(春陽堂書店)監修。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
カートに入れるかごに入れる
お問い合わせお気に入りリスト