ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > あ行 > 青木奈 > オーライ ウトーリ ひなた猫

オーライ ウトーリ ひなた猫

オーライ ウトーリ ひなた猫 オーライ ウトーリ ひなた猫 オーライ ウトーリ ひなた猫 オーライ ウトーリ ひなた猫
オーライ ウトーリ ひなた猫 オーライ ウトーリ ひなた猫 オーライ ウトーリ ひなた猫 オーライ ウトーリ ひなた猫
拡大画像

オーライ ウトーリ ひなた猫

著者:青木奈(著/文)

本のサイズ:四六判/160ページ

発行日:2022/7/30

ISBN:978-4-394-98003-2

価格:1,760 円(税込)


  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでの購入

電子版のご案内

商品について


数量限定サイン本あります!
【ご購入時の注意点】
必ず、購入手続き画面の最下部にある「注文備考」欄に『サイン本希望』と明記の上、お手続きを進めてください。
※記載がない場合、通常版の発送となります。
※サイン本はなくなり次第、終了となります。

購入特典!
【ポストカード3種プレゼント】
ご購入いただいた方に、マツモトヨーコさんポストカード3種セットをプレゼントいたします。

ポストカード1
 
ポストカード1
 
 

猫が寄り添う 穏やかな猫時間

祖母・幸田文、母・青木玉と続く言葉のリズムと日常への細やかな目線で、幸田家の猫たちの思い出、当代の猫たちとの暮らしを綴る珠玉のエッセイ集。
タイトルは、曾祖父・幸田露伴の戯曲「術競べ」に出てくる言葉から。幸田家に伝わる猫を眠らせる呪文。

月刊『ねこ新聞』人気連載を書籍化。
カバー、イラストは『コーヒーが冷めないうちに』シリーズのマツモトヨーコさん。

目次 本文より

猫に何を頼めるわけでもありませんが、今、うりこが卒寿の母に寄り添っていてくれることが私にはどれほど心強く思えることか。 共に並んでベランダの窓から椋の古樹を眺めている母と猫の背中を、私はいつまでも心に留めておきたく思っています。
(本文「今を寄り添う」より)

目次
共に歩く道
お人好しの家 
原稿料を猫たちに
猫の催眠術
色あせた帯締め
今を寄り添う
猫の食〈1〉
猫の食〈2〉
白猫ボン兵衛
猫の額か巨大トイレか~ミルキィ〈1〉
お座りなんて犬のすること? 〜ミルキィ〈2〉
白猫の結論〜ミルキィ〈3〉
ぬくもりを求めて
飼い猫に手を噛まれる〈1〉
飼い猫に手を噛まれる〈2〉
父と猫
母と猫
祖母と猫
野蛮な楽しみ
負けるな、トラチ!
天井裏をにらむ
おお、寒(さむ)、寒(さむ)
無事で何より、無事が何より
猫の性格 〜ミケチ〈1〉〜
いなくなってわかること 〜ミケチ〈2〉〜
すり切れた袖
別々にかわいい?
猫じゃ猫じゃ
猫テント〈1〉
猫テント〈2〉
La maison du chat noir 黒猫の家
いのちの水
猫の許し
さよなら、トラチ?
進め、その先の未来へ
こんないい猫、またとない猫
あとがき

著者紹介

青木奈 (あおきなお)(著/文)
東京都生まれ。学習院大学文学部ドイツ文学科卒業、同大学院修士課程修了。翻訳・通訳などの仕事をしながら十二年間ドイツに滞在。帰国後、『ハリネズミの道』でエッセイストとしてデビュー。著書に『うさぎの聞き耳』『動くとき、動くもの』『幸田家のきもの』『幸田家のことば』『きものめぐり 誰が袖わが袖』、小説『風はこぶ』や絵本の翻訳『リトル・ポーラ・ベア』シリーズなど。編著に『幸田文 老いの身じたく』「幸田文 生きかた指南」ほか。NHK放送用語委員。曾祖父の幸田露伴、祖母の幸田文、母の青木玉とつづく幸田家四代の文筆家。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません