ログアウト
 
 
お知らせ
2022/07/27【販売開始】『明治文学の彩り 口絵・挿絵の世界』

内容紹介

明治大正のイラストと小説の関係を探る
新聞、雑誌、書物に掲載された、口絵・挿絵は、どのように描かれ、印刷されていたのか。小説の内容とどのように関係するのか。
美麗な木版多色摺口絵の味わい方から、新聞や雑誌といった緊迫した制作現場での文章と絵とのぶつかりあいまで、フルカラーの150点を超える当時のイラストとともに紹介。

坪内逍遙、尾崎紅葉、樋口一葉、島崎藤村、泉鏡花といった文豪たちと、渡辺省亭、鏑木清方、黒田清輝、鰭崎英朋ら絵師によるコラボレーションが生んだ、明治文学の知られざる諸相を明らかにする。

 

▶詳細を見る

アクセス : 41

【販売開始】『オーライ ウトーリ ひなた猫』

お知らせ一覧