ログアウト
 
 
お知らせ
2024/01/08【販売開始】『合作探偵小説コレクション5 覆面の佳人/吉祥天女の像』

内容紹介

■5巻概要

横溝正史参加作品集!5作品+座談会1本

*正史・乱歩の連名で発表された新聞連載小説「覆面の佳人」を再編集
 ・新聞3紙(北海タイムス・九州日報・いはらき)と春陽文庫版を照合して本文テキストを決定
 ・春陽文庫版で生じた改変、脱落を大幅に修正

*初の書籍化「一九三二年」を収録

*正史が孝子夫人と共に参加した貴重な座談会を収録

■シリーズ概要

*「合作探偵小説」とは
複数の作者によってひとつの作品を成す探偵小説の形態。
作者ごとの執筆箇所が明らかなリレー式の合作と、連名だが執筆分担のはっきりしない合作とがある。 本コレクションには、未完に終わった作品、中断した作品も含めた。

*春陽堂書店と合作探偵小説
最初の合作長篇「五階の窓」(1926年)について、江戸川乱歩は「当時合作といふものが流行し始めた頃であつた」(「探偵小説十年」)と書き残している。戦前・戦後を中心に『新青年』や『探偵実話』などの文芸誌に連載された合作探偵小説は、執筆陣には当代気鋭の作家が名を連ねたものの、作品が単行本に収録されることは稀だった。 春陽堂書店は1993年、江戸川乱歩生誕100年に合わせ、乱歩の関わった作品のみを集めた〈合作探偵小説シリーズ〉を春陽文庫で刊行。執筆者の個性際立つ競演はミステリファンを魅了し、シリーズ全10冊は愛読され好評を博した。 2022年、〈合作探偵小説コレクション〉として新版を刊行開始。各作品の初出・原文に準拠し再編集、初収録作品を多数加えた集大成・全8巻をお届けする。

 ◉初出誌を底本とした原文に忠実な校訂
 ◉春陽文庫10冊の収録作品はすべて再校訂
 ◉本コレクションの半数は当社初収録作品
 ◉現在では読めないレア作品多数
 ◉合作ならではの思いがけない展開
 ◉軽くて読みやすい、物語に没頭できる装丁

■全8巻 3ヶ月ごと・年4冊刊行予定
 平均450ページ 4,180円/各巻


▶詳細を見る

アクセス : 255

【販売開始】『年はとっても、年寄りにはなりたくない』

お知らせ一覧