ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > た行 > 辻仁成 > おなじ星をみあげて

おなじ星をみあげて

おなじ星をみあげて おなじ星をみあげて おなじ星をみあげて おなじ星をみあげて おなじ星をみあげて
おなじ星をみあげて おなじ星をみあげて おなじ星をみあげて おなじ星をみあげて おなじ星をみあげて
拡大画像

おなじ星をみあげて

著者:ジャック・ゴールドステイン(著/文 | イラスト)、辻 仁成(翻訳)

本のサイズ:A4変型判/68ページ

発行日:2021/7/29

ISBN:978-4-394-90404-5

価格:2,200 円(税込)


  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでのご購入

書籍について

カナダ国内で最も権威のある児童文学賞「2020年TDカナダ児童文学賞」と「ケベック書店賞 - ユース部門」を受賞。 時間を超えても結びつきを忘れない人と人の心の強さと温かさ、それと同時に、現代社会が抱える様々な問題を、ジャン・ジャック・サンペを思わせるシャレた軽妙な画風で描き出した傑作絵本! <ミニ解説とオビ推薦>に宇宙飛行士の山崎直子さん。

<本書のあらすじ>
若いユダヤ人の少年とイスラム教徒の少女がモントリオールの労働者階級地区・マイルエンドの公園で出会います。彼らはお互いに星や星座に深い興味を持っていることを知り、いつの日か科学者や宇宙飛行士になることを夢見て語り合います。 けれど、二人が仲良くなることを親は許しません。親同士は喧嘩をし、女の子一家は引っ越してしまいます。 いつしか大人のなった少年は夢を叶えてNASAで働きますが、彼女のことを忘れられません。 そして、偶然、ある学会で再会します。

目次 本文より

著者紹介

ジャック・ゴールドステイン(ジャックゴールドステイン)(著/文 | イラスト)
イラストレーター、バンド・デシネ(グラフィックノベル)作家。 1958年カナダ・モントリオール生まれ。父の手ほどきで絵を描くのが好きになり、子どもの頃は毎日絵を描いていた。大学で地質学を学び金鉱や石油産業で働いていたが、1981年に子ども向けの科学実験本にイラストを描き、そのキャラクターが人気を博す。その後、子ども向け月刊誌の連載のほか、多数の雑誌にも寄稿。2001年には、カナダにおける科学普及への貢献が認められ、マイケル・スミス賞を受賞。 2009年と2011年には、編集イラストレーションでケベック・インディペンデント・ジャーナリズムグランプリを受賞。 『アルブラガン(L’Arbragan)』、『アザダー(Azadah)』、『ジュールとジム―戦友(Jules et Jim – frères d’armes)』などの作品で世界でも注目されている。 本作でカナダ国内で最も権威のある児童文学賞「2020年TDカナダ児童文学賞」と「ケベック書店賞 - ユース部門」を受賞。 著作が日本で出版されるのは、今回が初めて。

 

辻 仁成 (ツジヒトナリ) (翻訳)
作家。東京都生まれ。1989年『ピアニシモ』ですばる文学賞、1997年『海峡の光』で芥川賞、1999年『白仏』のフランス語翻訳版『ル・ブッダ・ブラン』で仏・フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。著作多数。詩人、音楽家、映画監督としても活躍。絵本の翻訳には『ママの小さなたからもの』(早川書房)などがある。パリ在住。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません