ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > た行 > 田中敦子 > J-style Kimono 私のきもの練習帖

J-style Kimono 私のきもの練習帖

J-style Kimono 私のきもの練習帖 J-style Kimono 私のきもの練習帖 J-style Kimono 私のきもの練習帖 J-style Kimono 私のきもの練習帖 J-style Kimono 私のきもの練習帖
J-style Kimono 私のきもの練習帖 J-style Kimono 私のきもの練習帖 J-style Kimono 私のきもの練習帖 J-style Kimono 私のきもの練習帖 J-style Kimono 私のきもの練習帖
拡大画像

J-style Kimono 私のきもの練習帖

著者:田中敦子

本のサイズ:A5判/128ページ

発行日:2022/3/20

ISBN:978-4-394-98002-5

価格:2,200 円(税込)


  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

商品について

【数量限定】サイン本あります!
■ご購入時の注意点
必ず、購入手続き画面の最下部にある「注文備考」欄に『サイン本希望』と明記の上、お手続きを進めてください。
※記載がない場合、通常版の発送となります。
※サイン本はなくなり次第、終了となります。


「私」に似合う、若見えするきものがわかる!
きものにまつわるエッセーと、季節やシチュエーションによってのコーディネート例も多数紹介。
似合う色は若見えする/受け継ぐ楽しみ/自分らしさを磨く……など、おとな世代のきもの愛好家の悩みも解決!
雑誌『和樂』『七緒』で新時代きものブームを仕掛けた著者が、極上のコーディネートを提案。自分らしく装うヒント、満載です。

目次 本文より

はじめに

Part1 きもの練習帖 思い込みリセット編 

エフォートレスの時代と「きものは難しい」伝説 
気候変動の今
  単衣とは何かを考えてみる
  五月の単衣はもはや常識? 
  猛暑と思ったら冷夏ということもあり
  十月の夏日に何を着ようか 

今時の礼装考
  最初で最後の留袖は、三つ紋の色留袖
  喪服を受け継ぐという選択 
  クリスマスのスマートカジュアル 

一軍から脱落しても、敗者は必ず復活する 
似合う色は若見えする 
きもの格言を見直す
  「一枚のきものに帯三本」
  「帯に年なし」
  「染めのきものに織りの帯」 

Part2 きもの練習帖 コーディネート研究編 

⦃色留袖 ⦄ 私のハイフォーマル いざという時に自信を添えてくれる装い 
⦃訪問着 ⦄ 洋空間に映える爛愁錺讚瓩鯡椹悗靴董
⦃色無地 ⦄ 形見分けの帯を主役に色相を整える 
⦃家紋のこと⦄ 礼装のアイコンであり、アクセントであり 
⦃スマートカジュアル⦄ 素材や格が違えば、似合う色は複数持ってOK/想像力を膨らませて物語をつくる
⦃おしゃれ着⦄ スーツ感覚の組み合わせに、甘い色を少しだけ/淡い色合わせは春の印象。同系色の小物で濃度を上げる 
⦃新しい単衣⦄ 気に入った色、着たくなる風合いを選んでいく/単衣と夏物を網羅するきものも視野に入れる 
⦃長板中形⦄ 幾何学的な伝統文様をモダンに組み合わせる 
⦃越後上布⦄ 生成色×藍色が通じ合う、野趣あるコントラスト 
⦃盛夏のスマートカジュアル⦄ 華やかさ、斜めに流れるライン、という共通項 
⦃秋の街着⦄ 色の持ち味を小物で方向付けして季節を纏う/舶来裂の由来を考えながら組み合わせる 
⦃冬の街着⦄ 無地に無地のコーディネートに帯揚げのアクセント/ホリデーシーズンらしくヤドリギの色を装う気分で 

Part3 きもの練習帖 自分らしさを磨く編

きものはもの扱いの心を育む 
下着は機能。清潔でシンプルな白を選ぶ 
アイロンを恐れない。仲良くなれば心強い味方 
それでも私は半衿を縫う 
タンスがつくるシワにもご用心 
お太鼓に折山をなくす運動 
小物合わせの呪縛は時折はずしてもいい 
私ならではの季節感の表現を考える 
外国裂の帯を好む理由は 
季節の文様に心動くお年頃 
大島紬から始めてみましょう 
体調がすぐれない日のためのきもの 
染めと織り。それぞれの力を楽しむ 
着姿がいい、といううれしい褒め言葉 

Part4 帯留め練習帖 

⦃一月⦄ 吉祥文様を重ねて寿ぐ 
⦃二月⦄ 寒さの中でふと感じる春の兆し 
⦃三月⦄ すべての生命が息づく春のイメージ 
⦃四月⦄ 幾何学模様からの連想ゲーム 
⦃五月⦄ 目には青葉山ほととぎす初鰹、のイメージ 
⦃六月⦄ 世界観や色調が通い合う帯まわり 
⦃七月⦄ きものと帯の中にある白、冴え冴え 
⦃八月⦄ 熱帯雨林の奥に潜む泉のごとく
⦃九月⦄ お月見の季節、夜空を描くように 
⦃十月⦄ 秋の気配を更紗帯に託して 
⦃十一月⦄ 西域のエレガンスをシックに装う 
⦃十二月⦄ クリスマスの街の景色を描き出す 

おわりに 

著者紹介

田中敦子[たなかあつこ]
1 9 6 1 年東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。 1 9 8 6 年( 株)主婦の友社入社。 1 9 9 6年フリーとなり、編集、執筆活動をスタート。2 0 0 1 年(株)小学館刊『和樂』に創刊スタッフとして参画。森田空美氏のきもの連載を創刊時より担当。2 0 0 4 年(株)プレジデント社きもの季刊誌『七緒』の創刊に関わり、その後監修も手がける。染織史については、染織史家・吉岡幸雄氏の指導を受ける。現在、工芸、きもの、日本文化を中心に、取材、執筆、編集を行う。染織、工芸の企画展プロデュース、アドバイザーなども手がける。『江戸の手わざ ちゃんとした人、ちゃんとした物』文化出版局、『きもの自分流‐リアルクローズ入門‐』小学館、『もののみごと 江戸の粋を継ぐ職人たちの、確かな手わざと名デザイン。』講談社、『インドの更紗手帖』『更紗 美しいテキスタイルデザインとその染色技法』ともに誠文堂新光社、『きもの宝典』(『きものの花咲くころ』再販主婦の友社、『父のおじさん 作家・尾崎一雄と父の不思議な関係』里文出版、他編著書多数。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません