ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > か行 > 金原瑞人 > 翻訳はめぐる

翻訳はめぐる

翻訳はめぐる

著者:金原瑞人(著/文)

本のサイズ:四六判/並製/本文224ページ

発行日:2022/8/2

ISBN:978-4-394-77005-3

価格:1,870 円(税込)


  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

翻訳はめぐる〜Translator, Traveler〜

翻訳家 兼 大学教員 40年、翻訳書 600冊―金原先生による公開講座!

言葉と文字の当たり前や思い込みを問い直すエッセイ集
翻訳からはじまり、英語、日本語、表記、古辞書、サリンジャーまで…華麗なる脱 線

「翻訳なんてものは、言葉を信じていないからこそできるような気がしてならないのだ。だからこそ、言葉で伝えられるものは精一杯伝えたい」

目次 本文より

翻訳と言語

 機)殘家の悩みは尽きない
  1 古びゆく翻訳
  2 新訳の意義
  3 翻訳は楽しくない
  4 悩ましくもどちらでもいいこと
  5 気になるところが違う
  6 どちらでもよくないこと
  7 やっかいな言葉
  8 続・やっかいな言葉
  9 言葉の裏にある事情
  10 みんなやさしくなった

 供〇拉枦な英語、面倒な日本語
  1 責められる英語
  2 理想的な英語
  3 英語ができなくてもいい時代
  4 翻訳ソフトは使えるのか
  5 母語ってなんだろう
  6 日本語は不便なのか便利なのか
  7 日本語ってそんなに大事?

表記と本

 掘―捗颪か横書きかって、そんなに重要?
  1 ピアスは右か左か?
  2 「うどん」から「すぱげってぃー」へ
  3 コミックはどうする?
  4 鳥山明伝説
  5 それでも絵は字に従う?

 検)詼から明治にかけての日本語表記の楽しい混乱
  1 いろんな文字、いろんな表記
  2 左横書きと右横書き
  3 ローマ字ってなんだろう?
  4 縦書きの呪縛
  5 左横書きの誕生
  6 横書き・縦書きから離れて、楽しい辞書の話
  7 宣教師の活躍―辞書の話
  8 宣教師の活躍―聖書の話

 后,發辰筏こ擇頬棔∨棔∨
  1 なんでカタカナ?
  2 ルビという発明
  3 ぼろぼろの本で発見
  4 道具は作品を制限するか解放するか

 此.┘奪札な咫。福Γ帖Ε汽螢鵐献磧
  1 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の誕生と若者文化
  2 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』が好きなら
  3 サリンジャーの描くグラース家
  4 サリンジャーと戦争
  5 ベビーブーマーからミレニアム世代へ―若さという神話

あとがき

著者紹介

金原瑞人(かねはら・みずひと)(著/文)
翻訳家、法政大学教授。1954 年岡山県生まれ。訳書はモーム、ヘミングウェイ、サリンジャー、ヴォネガットなど600冊を超える。ほかエッセイ、古典新訳・翻案、ブックガイドなど多数。 最新刊に『読者に憐れみを ヴォネガットが教える「書くことについて」』(フィルムアート社)、サリンジャー『彼女の思い出/逆さまの森』(新潮社)、ウクライナ作家による絵本『戦争が町にやってくる』(ブロンズ新社)、入門書『翻訳エクササイズ』(研究社)など。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません