ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > さ行 > せきしろ > 放哉の本を読まずに孤独

放哉の本を読まずに孤独

放哉の本を読まずに孤独 放哉の本を読まずに孤独
放哉の本を読まずに孤独 放哉の本を読まずに孤独
拡大画像

放哉の本を読まずに孤独

著者:せきしろ(著/文)

本のサイズ:四六判/並製/本文192ページ

発行日:2022/8/31

ISBN:978-4-394-99011-6

価格:1,760 円(税込)


  • 郵便為替、PayPayが利用可能になりました!(PayPayは予約商品を除く)
  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

イベント情報

【刊行記念イベント!】
せきしろさんの新刊『放哉の本を読まずに孤独』の刊行を記念して、 オンライン対談イベントをジュンク堂書店様にて開催します!

お相手は帯推薦文も寄せていただいた 金原瑞人さん!
たくさんのご参加をお待ちしております。

■開催日 9月18日(日)14時〜(アーカイブ視聴可)
■イベント詳細・チケット販売はこちら
https://online.maruzenjunkudo.co.jp/products/j70019-220918

商品について

数量限定サイン本あります!
【ご購入時の注意点】
必ず、購入手続き画面の最下部にある「注文備考」欄に『サイン本希望』と明記の上、お手続きを進めてください。
※記載がない場合、通常版の発送となります。
※サイン本はなくなり次第、終了となります。


あるひとつの俳句から生まれる新しい物語――。

妄想文学の鬼才が
孤高の俳人・尾崎放哉の
自由律俳句から
着想を得た散文と俳句。

帯文:金原瑞人 [翻訳家]
絶妙のゆるさ、あるようなないような緊張感。
そのふたつを繋ぎ止めるリアリティ。
これは、エッセイ、写真、俳句による三位一体の新ジャンルだ。

目次 本文より

尾崎放哉の自由律俳句五〇句から
発想し生まれた孤独を救う五〇編の散文と、
六五句の自由律俳句を収録。

著者紹介

せきしろ(著/文)
作家、俳人。
1970年、北海道生まれ。A型。北海道北見北斗高校卒。
主な著書に『去年ルノアールで』『海辺の週刊大衆』『1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった』『たとえる技術』『その落とし物は誰かの形見かもしれない』など。また又吉直樹との共著に『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』『蕎麦湯が来ない』などがある。

公式サイト:https://www.sekishiro.net
Twitter:https://twitter.com/sekishiro

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません