ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > あ行 > 池波正太郎 > 仇討ち物語

仇討ち物語

仇討ち物語 仇討ち物語
仇討ち物語 仇討ち物語
拡大画像

仇討ち物語

著者:池波正太郎

本のサイズ:A6判(文庫判)/288頁

発行日:2022/10/19

ISBN:978-4-394-90424-3

価格:924 円(税込)


  友だち追加
  • LINE友だち登録で5%割引クーポンもらえる!
    (会員割引と併用可、1000円以上の購入で適用)
  • 会員登録ですぐに5%割引!(予約商品を除く)
  • 購入履歴により最大10%割引!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げで送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでのご購入

電子版のご案内

商品について

「ー[かたき討ち]の物語はいくつもある。……逃げるほうも苦しいが、追うほうも苦しい。……二十年、三十年かかってやっとかたきを見つけ、首を討ったときには、自分も旅の空で人生の大半を送り、白髪の老人になってしまった、ということもある。……一生かかって見つからぬこともある。見つけても、反対に、こっちが斬られてしまうこともある。いわゆる[返り討ち]だ」(「あばた又十郎」より)。

弱虫藩士の仇討ち、何十年も出会えない男、武士の道を突き詰める志、返り討ちしようと待ち構える男、世に潜み逃げ続ける男たち……。
江戸時代の武士社会における一大テーマ「仇討ち」にちなんだ傑作短編七選。

目次 本文より

運の矢
火消しの殿
うんぷてんぷ
あばた又十郎
荒木又右衛門
よろいびつ
かたきうち

著者紹介

池波正太郎(イケナミショウタロウ)(著/文)
大正十二年(1923年)東京・浅草に生まれる。昭和二十年鳥取の美保航空基地で終戦を迎える。二十五歳の時、作家長谷川伸に師事し、脚本家になることを決意。三十七歳、「錯乱」で第四十三回直木賞を受賞する。池波正太郎の時代小説には、武将もの、剣豪もの、忍者もの、仇討ちもの、世話ものなど多種多様ある。池波人気を決定づけたシリーズである『鬼平犯科帳』『剣客商売』など江戸の市井人が描き出す人間模様を巧みにとらえることは池波作品の独壇場である。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません