ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > ま行 > 水原紫苑 > 巴里うたものがたり

巴里うたものがたり

巴里うたものがたり

著者:水原紫苑

本のサイズ:四六判/288ページ

発行日:2023/1/30

ISBN:978-4-394-98005-6

価格:2,090 円(税込)


  友だち追加
  • LINE友だち登録で5%割引クーポンもらえる!
    (会員割引と併用可、1000円以上の購入で適用)
  • 会員登録ですぐに5%割引!(予約商品を除く)
  • 購入履歴により最大10%割引!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げで送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでの購入

商品について

水原紫苑さん最新歌集『快樂(けらく)』が第57回迢空賞受賞、第21回前川佐美雄賞を受賞いたしました!

◎数量限定サイン本あります!
【ご購入時の注意点】
サイン本をご希望の場合は、購入手続き画面の最下部にある「注文備考」欄に『サイン本希望』と明記の上、お手続きを進めてください。

※記載がない場合、通常版の発送となります。
※サイン本はなくなり次第、終了となります。

 

パリで、好きなことをする
歌人・水原紫苑が長年の夢だった旅へ。
オペラ座や美術館、ジェラール・フィリップゆかりの地や、 大好きなカテドラル巡り、カフェ通い、ソルボンヌ大学文明講座への留学。
帰りたくない日々を写真と短歌で綴る80日の旅日記エッセイ。新作短歌119首!

目次 本文より

学生時代以来の、長いパリの旅が終わって茫然としています。失敗だらけでしたが、自分にとって新しい未来を開いてくれるものになりました。年齢と夢は関係ないと信じています。最初にパリに来た時、私は歌人でもなんでもない若者でした。今回またパリに来て、日本でひたすら短歌と向き合って来た三十年を新たに見つめ直せたような気がします。
    「あとがき」より

サン・ジェルマン・デ・プレ教会にしらたまをゆだねむとしてみがくわがたま
老ゆるなきジェラール・フィリップ純白の林檎の花ととはに咲くらむ
戀ひ戀ひて來たりし巴里のそのうちに花芯のごときルモワンヌ驛よ


もくじ

八月
パリへ
四十年ぶりのパリ
待っていてくれたトゥール
美しいものばかり

九月
九月のパリはおしゃれ
ソルボンヌ文明講座始まる
アヴィニョンの月
貧乏旅行
ジェラール・フィリップ邸へ

十月
お芝居の季節
行きたかったニース
リヨンへ友を訪ねて
オペラ座バレエのスター、ガニオ様

十一月
さよなら待っていてねトビイ

うた索引
あとがき

著者紹介

水原紫苑(みずはらしおん)(著/文)
1959年、神奈川県生まれ。歌人。早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。春日井建に師事。歌集に『びあんか』(現代歌人協会賞)『うたうら』『客人』『くわんおん(観音)』(河野愛子賞)『あかるたへ』(山本健吉文学賞・若山牧水賞)『えぴすとれー』(紫式部文学賞)『如何なる花束にも無き花を』(毎日芸術賞)近刊『快樂(けらく)』ほか。エッセイに『桜は本当に美しいのか 欲望が生んだ文化装置』『百人一首 うたものがたり』など。小説に『生き肌断ち』『歌舞伎ゆめがたり』『あくがれ——わが和泉式部』ほか。編著に『大岡信「折々のうた」選 短歌』『女性とジェンダーと短歌』『山中智恵子歌集』など。毎日歌壇選者。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません