ログアウト
 
 

トップ > [復刊]春陽文庫 > 見かえり峠の落日

見かえり峠の落日

見かえり峠の落日

著者:笹沢左保

本のサイズ:A6判(文庫判)/324頁

発行日:2023/5/26

ISBN:978-4-394-90446-5

価格:1,100 円(税込)


  友だち追加
  • LINE友だち登録で5%割引クーポンもらえる!
    (会員割引と併用可、1000円以上の購入で適用)
  • 会員登録ですぐに5%割引!(予約商品を除く)
  • 購入履歴により最大10%割引!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げで送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでのご購入

電子版のご案内

商品について

時は嘉永、数多の伝説を生んだやくざ全盛時代は過ぎ、幕府の取締りが強化されていた頃。一人の渡世人が街道を西へ急いでいた。捕縛された国定忠次を江戸に護送する行列に目もくれず、上州下仁田へ急ぐ男の目指すものとは──表題作「見かえり峠の落日」のほか、三千両を盗んだとして突然襲ってきた六人の渡世人を一瞬で倒した無表情の男──第65回直木賞候補作になった「中山峠に地獄をみた」など、寡黙で孤独な渡世人たちそれぞれの生き様を描き、後の大ヒットシリーズ『木枯し紋次郎』に繋がる笹沢《新・股旅ワールド》5作品を収録!

目次 本文より

著者紹介

笹沢左保(ささざわさほ)(著/文)
昭和五年(一九三〇年)神奈川県横浜市に生まれる。子どもの頃より探偵小説を愛読する。昭和二十七年(一九五二年)郵政省簡易保険局に勤務する。初長編『招かれざる客』が江戸川乱歩賞次席になり、本格的な小説家デビューを果たす。昭和三十六年(一九六一年)、『人喰い』で第十四回日本探偵作家クラブ賞を受賞。昭和四十五年(一九七〇年)『見返り峠の落日』で時代小説に進出。翌年、「木枯らし紋次郎」シリーズがテレビドラマ化され、一大ブームを巻き起こす。推理小説、時代小説の両方で活躍する。平成十四年(二〇〇二年)死去。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません