ログアウト
 
 

トップ > 文芸書 > 山頭火 名句鑑賞

山頭火 名句鑑賞

山頭火 名句鑑賞

著者:村上護

本のサイズ:四六判/上製

発行日:2007/5/1

ISBNコード:978-4-394-90247-8

価格:3,024 円(税込)

  • 会員登録ですぐに5%OFF!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

書籍について

「うしろすがたのしぐれていくか」「まつすぐな道でさびしい」種田山頭火(1882年(明治15年) - 1940年(昭和15年))は、山口県の素封家の長男として生まれながら、無一物の道を選び出家。乞食と酒、放浪の生涯を送り、生涯に一万数千句の自由律俳句を詠んだ。それらの中から名句170句余を選び、その成り立ち、背景、表現を詳細に解説する。代表的な句、名句を網羅したことに加え、従来取り上げられることの少なかった出家前の句も収録。全体を編年体で編集し、生涯を通じての句の変遷がわかるようにした。また、巻末に行脚地図を収録。代表的な句が読まれた箇所を示し、読者の理解を助ける。山頭火研究の第一人者、村上護による決定版。

目次 本文より

著者紹介

村上護
1941年〜2013年
愛媛県大洲市生まれ。
作家。評論家。
中原中也、坂口安吾、尾崎放哉、能海寛、夭折の俳人などの人物伝ほか『阿佐ヶ谷界隈』『遍路まんだら』『仏心の俳句』など著書多数。
自由律俳人・種田山頭火に関して、『放浪の俳人 山頭火』『山頭火 境涯と俳句』『山頭火放浪記』『山頭火の俳句』『山頭火の風土』『山頭火アルバム』などがある。
中原中也、坂口安吾、尾崎放哉、能海寛、夭折の俳人などの人物伝ほか『阿佐ヶ谷界隈』『遍路まんだら』『仏心の俳句』など著書多数。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません