ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > さ行 > 司馬遼太郎 > 花咲ける上方武士道 上巻

花咲ける上方武士道 上巻

花咲ける上方武士道 上巻 花咲ける上方武士道 上巻
花咲ける上方武士道 上巻 花咲ける上方武士道 上巻
拡大画像

花咲ける上方武士道 上巻

著者:司馬遼太郎

本のサイズ:A6判(文庫判)

発行日:2022/12/16

ISBN:978-4-394-90432-8

価格:946 円(税込)


  友だち追加
  • LINE友だち登録で5%割引クーポンもらえる!
    (会員割引と併用可、1000円以上の購入で適用)
  • 会員登録ですぐに5%割引!(予約商品を除く)
  • 購入履歴により最大10%割引!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げで送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでのご購入

電子版のご案内

商品について

下巻はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000832/

時は幕末、安政六年。武家の時代は終わりが見えはじめ、世はいずれ沸き起こる大変化の予感に満ちていた。大坂道修町の豪商に縁組みで「売られた」貧乏公家の次男坊・高野則近は、剣術皆伝ながらも昼寝三昧の日々だったが、急遽、右近衛少将に叙せられ、公家密偵使の密命を帯び江戸に向かう。付き従うのは、つかみどころのない二人の強者と、則近を恋い慕う娘・お悠。しかし江戸入りを阻止せんと京都所司代が繰り出す刺客「雅客」たちの工作・攻撃は、激しさを増していく。はたして少将則近は江戸に着けるのか――。読む手を止められない、傑作時代ロマン小説。

目次 本文より

著者紹介

司馬遼太郎(しばりょうたろう)(著/文)
大正十二年(一九二三年)、大阪市に生まれる。大阪外国語学校蒙古語部(現大阪大学外国語学部)卒業。産経新聞文化部に勤務していた昭和三十五年(一九六〇年)、『梟の城』で第四十二回直木賞を受賞する。昭和四十一年(一九六六年)、『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞。その後多くの賞を受賞。『坂の上の雲』『翔ぶが如く』『花神』『菜の花の沖』などの歴史時代小説、『街道をゆく』『この国のかたち』などの紀行、エッセイなどの作品が多数ある。平成五年(一九九三年)には文化勲章を受章。平成八年(一九九六年)死去。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません