ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > な行 > 徹底的にかみくだいた「自己目標管理」ドラッカーが本来伝えたかった目標管理

徹底的にかみくだいた「自己目標管理」ドラッカーが本来伝えたかった目標管理

徹底的にかみくだいた「自己目標管理」ドラッカーが本来伝えたかった目標管理

著者:二瓶正之

本のサイズ:160ページ

発行日:2023/3/20

ISBN:978-4-394-38003-0

価格:1,540 円(税込)


  友だち追加
  • LINE友だち登録で5%割引クーポンもらえる!
    (会員割引と併用可、1000円以上の購入で適用)
  • 会員登録ですぐに5%割引!(予約商品を除く)
  • 購入履歴により最大10%割引!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げで送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

商品について

ドラッカー研究を50年続ける著者による、ドラッカーが本来伝えたかった目標管理=自己目標管理を徹底的にかみ砕いて解説! ドラッカーがビジネス社会に残した功績は数えきれませんが、その中の一つは間違いなく目標管理の体系化でしょう。 ドラッカーは、目標管理をマネジメントの哲学であると断じました。そこまで言いきるドラッカーの目標管理にかける熱い思いには、私たちの想像を超えるものがあります。 「自己目標管理」は組織目標、部門目標を理解した上で、自ら目標設定して自分と組織のパフォーマンスを上げるものです。 具体的には、「目標設定」「プロセスの管理」「結果の評価」の3つのプロセスで進みます。 企業の業績回復を対症療法で終わらせずに根本治療する重要なポイントをシンプルに解説したのが本書です。 ・評価する側のモヤモヤ感 ・評価される側の理不尽感 がなぜ起こるのかが解き明かされています。 ビジネスパーソンはもちろん、達成したい事柄に最大効率で進みたい人にはメリット満載の内容です。

目次 本文より

著者紹介

二瓶正之(ニヘイマサユキ)(著/文)
1953年、新潟県生まれ。人間力(jinkanryoku)総研株式会社代表。ドラッカー研究家。エッセンシャルライフ・コンサルタント。明治大学大学院博士課程修了。経営学研究を通じてドラッカーの書籍に出会い、組織の中の人間行動に興味を持ち、組織の中で自分らしく生きることが生涯のテーマとなる。Jinkanryokuとドラッカー理論をベースに人と組織の成長を軸にした研修と講演を行っている。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません