ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > や行 > 山田風太郎 > いだてん百里

いだてん百里

いだてん百里

著者:山田風太郎

本のサイズ:A6判(文庫判)/384頁

発行日:2023/5/26

ISBN:978-4-394-90443-4

価格:1,210 円(税込)


  友だち追加
  • LINE友だち登録で5%割引クーポンもらえる!
    (会員割引と併用可、1000円以上の購入で適用)
  • 会員登録ですぐに5%割引!(予約商品を除く)
  • 購入履歴により最大10%割引!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げで送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでのご購入

電子版のご案内

商品について

徳川幕府の金山総奉行・大久保長安は伊豆国天城峠にて、巨大な猪を一人で倒す女を目撃した。それこそは一日に四十里も山を駆けるという漂泊の山の民「撫衆★ルビ:なで し★」の、美しき野生の姫「お狩さま」の姿であった──。時は慶長12年、江戸開府から数年経ち、徳川・豊臣の最終決着の予感があった頃。徳川隠密や忍者が暗躍し、「天城の義経」率いる撫衆たちにも、その異能を求めて各陣営が味方につけるべく接触してきた。しかし世人を避け争いを好まぬ撫衆たちは、時代の大渦に巻き込まれつつも、自由を求めて今日も山野を駆け巡る──。

目次 本文より

著者紹介

山田風太郎(やまだふうたろう)(著/文)
大正十一年(一九二二年)、兵庫県に生まれる。父母ともに代々医者の家系で本人も東京医科大学を卒業。昭和二十三年(一九四八年)『眼中の悪魔』で第二回探偵作家クラブ賞を受賞。昭和三十三年(一九五八年)に発表した『甲賀忍法帖』を皮切りに忍法帖もので流行作家となる。伝奇小説、推理小説、時代小説など多種多様な小説を書き、戦後日本を代表する小説家の一人である。『魔界転生』『忍法帖シリーズ』では、奇想天外なアイデアを用いた作家として知られている。平成十三年(二〇〇一年)死去。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません