ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > ま行 > 松本清張 > 天保図録(三)

天保図録(三)

天保図録(三)

著者:松本清張

本のサイズ:A6判(文庫判)

発行日:2023/7/25

ISBN:978-4-394-90451-9

価格:1,430 円(税込)


  友だち追加
  • LINE友だち登録で5%割引クーポンもらえる!
    (会員割引と併用可、1000円以上の購入で適用)
  • 会員登録ですぐに5%割引!(予約商品を除く)
  • 購入履歴により最大10%割引!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げで送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでのご購入

電子版のご案内

商品について

「砂と器」「点と線」「黒革の手帖」――
今も読み継がれる社会派ミステリーの巨人が書いた時代小説が春陽文庫としては初登場。
天保の改革を壮大に描く時代長編!(全四巻)

経済は大混乱、人心は動揺、裏で進む腐敗──。
それでも改革の夢に向けて、水野は進み続ける。

商人たちへの弾圧といえるほどの統制で経済が大混乱し、倹約令の徹底で市中には密偵が溢れ人心が動揺を極めるなか、将軍家慶の希望による日光参拝を実現して家慶の信任を得た水野越前守忠邦は、まさに絶頂期を迎えていた。水野の改革の夢は尽きない。ついに印旛沼開鑿(かいさく)事業が水野の政治生命を賭けて始まったが、工事は特殊な土壌のため難航し、その裏では腐敗が進んでいた。しかし成功を信じる水野には、まだ工事好調の報告しか届かない。一方、改革の重要な柱として策定した大坂十里四方上知令も、雲行きが怪しい……。天保改革の表裏両面を克明に描く時代長編。

◎相関図・詳細はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/blog/2023/06/info_shunyobunko_tenpozuroku/

◎一巻はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000859/
◎二巻はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000860/
◎四巻はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000865/

目次 本文より

著者紹介

松本清張(まつもとせいちょう)(著/文)

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません