ログアウト
 
 

トップ > [復刊]春陽文庫 > 天保図録(四)

天保図録(四)

天保図録(四)

著者:松本清張

本のサイズ:A6判(文庫判)

発行日:2023/7/25

ISBN:978-4-394-90452-6

価格:1,430 円(税込)


  友だち追加
  • LINE友だち登録で5%割引クーポンもらえる!
    (会員割引と併用可、1000円以上の購入で適用)
  • 会員登録ですぐに5%割引!(予約商品を除く)
  • 購入履歴により最大10%割引!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げで送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

他ショップでのご購入

電子版のご案内

商品について

「砂と器」「点と線」「黒革の手帖」――
今も読み継がれる社会派ミステリーの巨人が書いた時代小説が春陽文庫としては初登場。
天保の改革を壮大に描く時代長編!(全四巻)

市中の混乱、行き詰まる工事、高まる批判……
水野失脚へのカウントダウンが始まった──。

市中と経済に大混乱をもたらしている改革、その成功を確信していた水野越前守忠邦だったが、自らの政治生命を賭けた印旛沼開鑿(かいさく)工事の行き詰まりは誰の目にも明らかになってきた。改革のもう一つの柱・大坂十里四方上知令には紀州家が猛反発、そこにかねてからの大奥の不満と、かつて政権から追放された者たちが合流し、水面下で静かに始まった反水野の動きは、次第に隠しようのない大きなうねりになっていく。そして水野の右腕・鳥居耀蔵が動く──。もはや改革失敗と水野失脚への流れは、確定しつつあった。壮大な挑戦の物語は、いよいよ完結へ!

◎相関図・詳細はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/blog/2023/06/info_shunyobunko_tenpozuroku/

◎一巻はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000859/
◎二巻はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000860/
◎三巻はこちら
https://www.shunyodo.co.jp/shopdetail/000000000864/

目次 本文より

著者紹介

松本清張(まつもとせいちょう)(著/文)

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません