春陽堂書店 年譜

1878(明治11)年 2月 創業者・和田篤太郎が、神田和泉町にて本の小売兼行商を開業
1882(明治15)年 4月 南園竹翠『三ツ巴恋の白雪』の刊行以降、本格的に出版業を開始
1884(明治17)年 京橋区南伝馬町に移転
1886(明治19)年 12月 ジュール・ヴェルヌ(井上勤訳)『三十五日間 空中旅行』など、翻訳書の刊行を開始
1889(明治22)年 1月 雑誌『新小説』創刊(編集・発行は須藤南翠、饗庭篁村、森田思軒らを中心とした同好会)
12月 渡辺省亭の編集による雑誌『美術世界』創刊。以後、全25巻を刊行
1890(明治23)年 4月 尾崎紅葉らの作品を収めた叢書『新作十二番』刊行(全8冊)
1891(明治24)年 1月 叢書『聚芳十種』刊行(全10巻)
3月 叢書『文学世界』刊行(全12巻)
1896(明治29)年 7月 幸田露伴編集の元、『新小説』の刊行を再開(第二期)
1897(明治30)年 7月 尾崎紅葉『金色夜叉』刊行開始
8月 島崎藤村『若菜集』刊行。以降、藤村の詩集を計4点刊行(『一葉集』『夏草』『落梅集』)
1902(明治35)年 9月 アンデルセン(森鴎外訳)『即興詩人』刊行
1906(明治39)年 9月 『新小説』に夏目漱石の「草まくら」(のちの「草枕」)掲載
1907(明治40)年 1月 夏目漱石『鶉籠』を刊行。「坊っちゃん」「二百十日」「草枕」の三編を収録
9月 『新小説』に田山花袋「蒲団」掲載
1911(明治44)年 8月 『現代文芸叢書』(全45編)刊行開始。第一編は正宗白鳥『泥人形』。ほか、島崎藤村、鈴木三重吉、徳田秋声、田山花袋、長田幹彦らの小説を収録
1914(大正 3)年 5月 長塚節『土』刊行
1921(大正10)年 1月 斎藤茂吉『あらたま』刊行
1923(大正12)年 1月 菊池寛が『文芸春秋』創刊。この時期『新小説』の編集に菊池寛がかかわっていたこともあり、創刊当初の『文芸春秋』は春陽堂が発売元となっていた
1925(大正14)年 7月 江戸川乱歩「心理試験」などを含む、『創作探偵小説集』の刊行開始
1926(大正15)年 2月 江戸川乱歩、国枝史郎、横溝正史らの小説を掲載した『創作探偵小説選集』第1輯を刊行
1927(昭和 2)年 6月 創業50周年企画として、『明治大正文学全集』(全60巻)刊行開始
1931(昭和 6)年 11月 「春陽堂文庫」創刊。第1巻は高山樗牛『滝口入道』。昭和13年以降、他の文庫シリーズを統合、昭和26年以降は「春陽文庫」と名前を変え、数多くの文庫本を刊行し続けた
1947(昭和22)年 8月 「春陽世界文庫」(全5点)刊行。ハイネ、ゴーゴリ、プーシキン、ユーゴーの翻訳を収録
1948(昭和23)年 1月 『漱石小説全集』(全10巻)刊行開始。のちに、『夏目漱石小説全集』(全7巻、別冊1巻)も刊行
1949(昭和24)年 12月 『現代長篇小説全集』(全17巻)、『現代大衆文学全集』(全13巻)の刊行開始
1954(昭和29)年 12月 『江戸川乱歩全集』(全16巻)刊行開始。後に「江戸川乱歩文庫」として文庫化
1965(昭和40)年 1月 夏目漱石や芥川龍之介ら国内作家と、モーパッサンやトルストイら海外作家の両方を収めた全集シリーズ『ウーブル・コンプレート』の刊行開始
1972(昭和47)年 11月 『定本 山頭火全集』(全7巻)刊行開始
1974(昭和49)年 5月 昭和49年 1974 5 『横溝正史長編全集』(全20巻)を文庫で刊行。『本陣殺人事件』など代表作を収録
1977(昭和52)年 10月 『春陽堂少年少女文庫』刊行開始。夏目漱石『坊ちゃん』から『シャーロック・ホームズの冒険』まで、全105点を刊行
11月 『山手樹一郎長編時代小説全集』(全82巻、別巻2巻)刊行開始。その後、『短編時代小説全集』(全12巻)も刊行
1986(昭和61)年 5月 『定本 山頭火全集』を大幅に増補した『山頭火全集』(全11巻)刊行開始
1992(平成 2)年 2月 坂村真民の詩画集『タンポポの本』刊行。以後、金子みすゞや小島寅雄、小池邦夫などの詩画集を刊行
4月 山頭火没後50年企画『山頭火文庫』を刊行。写真をふんだんに使い、女性に人気を博す
2015(平成27)年 2月 『江戸川乱歩文庫』リニューアル版の刊行開始(第1期、全13冊)
2018(平成30)年 5月 創業140周年を迎え、ホームページをリニューアル
8月 『江戸川乱歩文庫』リニューアル版の刊行開始(第2期、全17冊)
9月 創業140周年を機に、信念を貫いた生き方で多くの人々に感動を与えた文化人・表現者を顕彰する『種田山頭火賞』創設。第一回受賞者は大駱駝艦主宰・舞踏家・俳優の麿赤兒さん
2019(令和元)年 10月 『種田山頭火賞』主催。第二回受賞者は詩人・小説家の伊藤比呂美さん
(2019年10月現在)