動物写真家 井村淳の世界紀行シリーズ

世界中の野生動物や自然の風景を追い求めてきた動物写真家・井村淳さんがとらえたライブ感あふれる作品を、旅のエピソードとともにおくります。
≪≪著書紹介≫≫
『あざらしたまご』(春陽堂書店)井村 淳(写真/文)
生まれてから、母親がそっといなくなる2週間後までのあざらしの姿をおさめた写真集。あざらしの愛くるしい寝顔や行動、見守る母親の姿が満載。様々なあざらしの仲間を表現した卵絵や、あざらしの4コマ漫画も掲載。

茂山逸平 「風姿和伝」-ペペの狂言はじめの一歩-

大蔵流<茂山千五郎家>狂言師・茂山逸平さんが「狂言のこれから」を語り、逸平・慶和親子の関係性から伝統芸能の継承に触れます。
≪≪著書紹介≫≫
『茂山逸平 風姿和伝 ぺぺの狂言はじめの一歩 』(春陽堂書店)中村 純(著)
大蔵流<茂山千五郎家>に生を受け、京都の魑魅魍魎を笑いで調伏する狂言師・茂山逸平が、「日本で一番古い、笑いのお芝居」を現代で楽しむための、ルールを解説。当代狂言師たちが語る「狂言のこれから」と、逸平・慶和親子の関係性から伝統芸能の継承に触れる。

玉木正之の「スポーツって、なんだ?」

多岐にわたって活躍するスポーツ評論家・玉木正之さんが、文化としてのスポーツの誕生と、その魅力を解き明かします。

時代劇でござる

知ってるようで、実はちゃんと知らない時代劇に関することあれこれ。知ってると、時代小説、映画やドラマの時代劇が、もっと楽しめる時代劇 高座!
≪≪著書紹介≫≫
『時代劇でござる 』(春陽堂書店)柏田 道夫・著
映画「武士の家計簿」「武士の献立」「二宮金次郎」の脚本を手掛けた柏田道夫による、江戸モノ鑑賞の手引き書。 時代劇映画、時代小説、古典落語がガゼン面白くなる! 時代小説作家の“ここだけばなし”も盛り込み、この一冊であなたも江戸通に。 “突っ込み”イラスト、わかりやすい図説つき!

童話紀行

もう一度読み返したい名作童話の世界。小社刊、名作童話シリーズ『宮沢賢治30選』『新美南吉30選』『小川未明30選』収録の紀行作品をお届けします。
≪≪著書紹介≫≫
『名作童話 小川未明30選 』(春陽堂書店)小川未明/宮川健郎・著
一冊で一人の作家の全体像が把握できるシリーズ。「赤いろうそくと人魚」で知られる、哀感溢れる未明の世界。
年譜・解説・ゆかりの地への紀行文を掲載、未明の業績を辿ることができる一冊です。

みすゞ詩画集

26歳で夭逝した童謡詩人の金子みすゞ。小社刊『みすゞ詩画集[秋]』から選りすぐった4編の詩を、若林恵子さんの押し花と共にお届けします。
≪≪著書紹介≫≫
『みすゞ詩画集[秋] 』(春陽堂書店)金子 みすゞ・著
秋晴れの日に窓から入ってくるここちよい風のイメージが、豊かな自然の恵みによって、美しい押し花になりました。目に見えないものに優しい目をもち、限りある命の尊さをうたう「みすゞ」の詩は、現代へのメッセージです。

ニッポンの職人探訪

古くから受け継がれてきた職人の技と伝統。今、「ものづくり」の現場に新風を吹き込みながら技を磨く担い手たちをご紹介します。