寝る前のようなかんじの豆ごはん

川柳作家のむさしさんに青森でお会いしたときに、口癖のように、わたしはインチキな人間ですから、と言っていたのが、いつまでも、いまでも、こころに残っている。もちろん、むさしさんはインチキではないんだけれども、じぶんはインチキだ、というところから表現が始められることってすてきだなあと思った。じぶんは果たしてだれかの目を見てちゃんとそういえるか。わたしはインチキなんですよ、と。オズ大王ができなかったことを。

ときどき寝る前にそんなことをおもいだす。ねえなんか話をしてよ、と言われたら、じぶんはたぶんにせもので、ほんものにはなれないんだけれども、それはどこかオズの魔法のようににせものなんだけれども、それをちゃんとわかっているけれど、でもインチキからの出発というものもある。黄色い、煉瓦の、なにかの道が。って話す。もうねむってる。

 月光の亀裂を抜けて逢いに行く/むさし(句集『亀裂』)


『バームクーヘンでわたしは眠った もともとの川柳日記』(春陽堂書店)柳本々々(句と文)・安福 望(イラスト)
2018年5月から1年間、毎日更新した連載『今日のもともと予報 ことばの風吹く』の中から、104句を厳選。
ソフトカバーつきのコデックス装で、本が開きやすく見開きのイラストページも堪能できます!
この記事を書いた人
yagimotoyasufuku
柳本々々(やぎもと・もともと)
 1982年、新潟県生まれ 川柳作家 第57回現代詩手帖賞受賞
安福 望(やすふく・のぞみ)
 1981年、兵庫県生まれ イラストレーター